HCHtan’s diary

船橋市古和釜町中心に風景写真を載せてます。月イチ死守!

This is 古和釜 mania !

船橋市古和釜周辺の風景

 

 

 

【第28回 5/6】

 

 

坪井川

桑納川への合流地点を目指す → 断念

 

 

 

 

 

 

2019.4.29の午後15時20分頃

 

 

 

 (はじめに)

 

 県道に出た時点で、どうせなら、坪井川桑納川の合流地点を見てみたいなと思い行動しました。が、今回、写真掲載は道半ばで終わりとなります。

 

 というのは、田畑等のあぜ道に入っての写真撮影などは、基本的に、その田畑の所有者の許可が必要なのだそうです。勿論、その写真を掲載する事も、です。当然といえば当然ですね。

 ですので、私の坪井川探訪の旅は、中途半端なカタチで終了となりますが、予めご了承くださいませ。

 

 (後は、各人、グ◯グルマップで確認していただく事となります。)

 

 

 

 

 

川沿いの散歩道が続いています。

 

f:id:HCHtan:20190429230055j:image
f:id:HCHtan:20190429225938j:image
f:id:HCHtan:20190429230041j:image
f:id:HCHtan:20190429230011j:image
f:id:HCHtan:20190429230102j:image
f:id:HCHtan:20190429230107j:image
f:id:HCHtan:20190429230126j:image
f:id:HCHtan:20190429230002j:image

 

 散歩道の最後の橋から見えた、導水管?です。

 


f:id:HCHtan:20190429230113j:image

 

以前訪れた、西光寺。

 


f:id:HCHtan:20190429230116j:image

f:id:HCHtan:20190429230007j:image

 

ホテル🏨純の裏辺り。

 

 

 

 

 

 

(あとがき)

 

 

  中途半端で終わってしまい、申し訳ありません。

 第28回の最後は、坪井川とは関係無いモノとなる為、これで坪井川は終わりとなります。

 

 

 

  今回があまりにも内容が無い為、全くの無関係な事柄ですが、最近体験して来たことについて、紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:HCHtan:20190817220839j:image

 

無重力マッサージ》

 

 8月半ば、イオン内のマッサージチェアを初体験しました。場所は、津田沼のイオン3Fです。

 

 前回長々と書きましたが、家のリビングのエアコンが故障したままなので、避暑の為、津田沼に行った時に 、あまりにも暇なので、やってみました。

 

 

 


f:id:HCHtan:20190817220832j:image

 

 

 

 まず、靴を脱ぎます。脚の膝下はマッサージの対象となります。

 

 10分200円。お金を入れると開始になります。

 予め、腕時計⌚️は外しましょう。数回、腕を圧迫してマッサージする事がある為。

  腰〜太腿間のマッサージは無い為、スマホは、ズボン👖のポケットの中にしまったままでも大丈夫ですが、気になるならポケットから出しておきましょう。

 眼鏡👓着用でもOKですが、振動でズレる事もあるので、気になる人は、眼鏡ケースなどに収納した方が良いかも。頭部へのマッサージは無かったです。

 

 

右手側にあるリモコンで、各種内容のボタンを押して、コース?や揉み具合・速さ等を調整します。

 が、お金投入後は、即揉み揉み開始する為、あまりノンビリと悩んではいられません。

 

 私は、揉み具合だけ、少し弱目に設定しました。

 

 そして、これが肝心ですが、『無重力』を体験したいなら、同じくリモコンに表示してある『無重力』ボタンを押す必要があります。

 

 

 『無重力』ボタンを押すと、マッサージチェアが、リクライニングシートみたいになりました。

 

 

 

 

 

 

 そう、このリクライニング状態こそ、『無重力マッサージ』の正体だったのです‼️

 

 正直「えっ…」と思いました。が、同時に「まぁ、そうだろうな」とも納得しました。

 

 

 マッサージの方は、結構、激しかったです💦たったの10分と思いきや、かなり長く感じましたし、これ以上されると、身体が痛くなるかもでしたので。

 (ちなみに、足の裏も数回マッサージされますが、くすぐったいと痛いの境い目でした)

 

 暇な時、再度体験してみたいです。今度は、八千代緑が丘のイオンで。(2Fの本屋さん近くのトイレ🚾前にありました)

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、「ホテル🏨純」にあった、誰もが忘れてはならない言葉を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:HCHtan:20190819103707j:image

 

 

 

(第28回 6/6へ続く)